鹿児島県知覧町で富屋旅館を営んでいる女将の鳥初代と申します。 故 鳥トメから託された想ひを、旅館を守りながら伝え続けています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてますか?
皆さん、こんばんわ。
11月に入り、急に、寒さも増して参りましたが、いかがお過ごしでしょうか?

今年の春、新入生、新入社員となり環境が変わってから、もう冬を迎えようとしています。
すっかり、環境にも慣れ、自分の立場、やるべき事が解りはじめ、頑張っていること存じます。

そんな中、「初心」を忘れてはないですか?
悩み、見失いつつある方はいないですか?大丈夫でしょうか・・・?

知覧研修で、自分に誓ったことを今一度、思いだし、自分の「命の使い方、活かし方」、『輝く目』の確認を怠たらず、頑張って欲しいです。

今年も後二ヶ月、やり残した事がないよう、ベストを尽し、やり遂げられるよう知覧からエールを送ります。
御自愛下さいますようお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

「俺は、君のためにこそ死ににいく」映画を観て
 現代に失われつつある心の一つ、「愛」について深く考えさせられました。

 この映画の中には、「親子愛」、「兄弟愛」、そして「恋人との愛」...
 その大切な「愛」のために、命をかけて飛び立っていった軍神達に、
 「純粋な愛」とは何なのかを気づかされた。

 この映画には、今現在の自分自身の心の中にあるテーマによって、
 「いろいろな角度から、自分を見つめ直すきっかけを与えてくれる力」
 があるように感じました。
                           - 富屋旅館スタッフ -

「俺は、君のためにこそ死ににいく」映画を観て

  「お国のため...」 それは、家族・・・愛する人達のために
 飛び立っていった人達の深い想い、
 いかせる人達の想い、
 やさしく、強く、大きな想いに、ただ、ただ、涙が溢れてとまりませんでした。

 たくさんの人に、この映画を観て、いろいろな事を、それぞれに
 感じてほしいと思いました。
                         - 富屋旅館スタッフ -

Copyright © 女将の部屋(富屋旅館). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。