鹿児島県知覧町で富屋旅館を営んでいる女将の鳥初代と申します。 故 鳥トメから託された想ひを、旅館を守りながら伝え続けています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トメさん直筆のタオル

 知覧に来ておばあちゃんの話を聞いたお客様から、記念になるものが何か欲しいと求められ、「特攻隊員さんのことに触れ、感じ思ったことを思い出し、乗り越えていってほしい」という気持ちから、トメさんが生前元気な頃に、お客様の目の前で1枚づつ詩をタオルに書いていました。
 このタオルは、かつてトメさんからお客様に渡されたもので、90歳になり余命幾ばくもないとの事で、その方の娘さんが富屋に届けてくださった、たった一つ残されたものです。


 このタオルに書かれてある詩は、特攻平和観音堂の前の参道の中に有ります三重の
塔にも刻まれています。


       taoru

スポンサーサイト
Copyright © 女将の部屋(富屋旅館). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。