鹿児島県知覧町で富屋旅館を営んでいる女将の鳥初代と申します。 故 鳥トメから託された想ひを、旅館を守りながら伝え続けています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お泊まり頂いたお客様の気づき(12)
                       <Tさんの気づき>

 正直申しますと、小職はあまり戦争の事や平和学習というものが好きではありません。
何故かというと、小職が中学生の時、学校では平和学習にとても力を入れていました。
修学旅行も二泊三日行き先は長崎で、平和公園、そして被爆者の方のお話を聞くといった
内容でした。

 被爆者の方のお話ではあまりの悲惨さに涙が流れ、今、平和にこうして語り部の方から
お話を聞けることは幸せな事なんだなと感じました。しかし、当時の自分自身が曲がっていた
のかもしれませんが、学校から先生から無理矢理戦争について、平和学習について強制され
ているようで、心から受け止める事が出来ませんでした。大人になってからも出来ればそう
いった内容の話やテレビ等はあまり自分から聞こうとはせず、どちらかと言えば避けてきた
ように思います。
しかし、知覧へ訪れた方々の感想文を拝見し、少し小職自身の気持ちが変化してきました。

 「今なら素直に真正面から、心から受け止め、感じる事が出来るかもしれない」

と思いました。この気持ちの変化は、大人になったからなのか、フジ住宅で働くようになった
からなのかはまだ分かりませんが、11月の知覧旅行を今はとても楽しみにしています。
Copyright © 女将の部屋(富屋旅館). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。