鹿児島県知覧町で富屋旅館を営んでいる女将の鳥初代と申します。 故 鳥トメから託された想ひを、旅館を守りながら伝え続けています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「必死」という言葉を残して

 過去に知覧を訪れたことがなく、今回初めて訪れました。
知覧に特攻隊の基地があることは知っておりましたが、それは知識上のことで、実際、知覧が
どのように利用されていたのかは知りませんでした。

 遺品の中には、日の丸の寄せ書き有り、「必死」という言葉が書かれていて、必ず死んでくる
と自ら断言している彼を見ていると、最初は国の為に戦っていた方も、最後には、国はもちろん、
でもそれ以上に誰かの為に戦っていたのだと感じました。

 今生きている事が幸せなのに、、今の私は何も思わず、生きていることをただ当たり前と思って
いたからです。これからは目標や夢を明確に持ち、日々生きていこうと思いました。
スポンサーサイト
Copyright © 女将の部屋(富屋旅館). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。