鹿児島県知覧町で富屋旅館を営んでいる女将の鳥初代と申します。 故 鳥トメから託された想ひを、旅館を守りながら伝え続けています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の中に落ちてきた


  知覧に行くまでは、正直私の心の中で、戦争について感じるものがあるのかという不安も
 ありました。しかし平和会館に行くと、戦争の事がとても心の中に落ちてきました。隊員さん
 たちの遺書を読ませて頂き、そこで強く感じた事が「命の大切さ」です。

  わずか60年前の話ですが、「生きたくても生きれない」、「夢があっても叶わない世界」、
 「生涯を共にしたくても出来ない」今では考える事ができず、とても心が痛くなりました。
 しかしそれ以上に、「では今自由に生きている自分に何が出来るだろう」、「いつも何を思って
 生きているのであろう」と感じました。

  まず私自信が生きている事に感謝し、今の私が在るには、親・友達・恋人・兄弟・全ての人の
 おかげであり、感謝し続ける事。私の生命には何人もの生命が重なり合っている事も、とても強く
 思い、自分の命を大切にする事。最後に精一杯、今を生きる事。
スポンサーサイト
Copyright © 女将の部屋(富屋旅館). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。