鹿児島県知覧町で富屋旅館を営んでいる女将の鳥初代と申します。 故 鳥トメから託された想ひを、旅館を守りながら伝え続けています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研修へのお便り感想について
皆様、こんにちわ
いかがお過ごしでしょうか?・・・
ゴールデン・ウィークも終わり、日常に戻ろうとする中、またや想像をこえた自然災害が起こり、被災された方々のことを思いますと胸が痛みます。

被災された方々へお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方への御冥福を心からお祈り申し上げます。

栃木県から今年2月、富屋旅館に御宿泊下さいました方々の感想「気づき」、お便りの一部を掲載させて頂きます。

○目をキラキラに!寛大に優しく生きていきます。

○人として どう生きなければならないのか?何の為に生まれてきたのか?を考えさせらるた2日間でした。

○自分達のやらなくてはいけない事を本気でやる事で皆様への感謝の気持ちを表現したい。

○戦争で、若くして亡くなった特攻隊員さんの事。今の自分達が、どれだけ恵まれた生活をしている事のありがたさ、感謝する大切さを学ぶことができました。

○今をもっと大切に私達は生きていきたいです。日本を・・・世界を変えていける人になりたいです。「あたりまえ」すぎて、今の世の中に対して、もっと関心をもつべきだと感じました。

○ 富屋旅館に行かなきゃわからない事だったり、思いやりの気持ち、人に対する心、いろんな事が勉強できました。

○今までの「自分」というものについて深く考えさせられました。次は家族を連れていきます。

○今まで、自分の甘さや考え方、行動など見直すチャンスになりました。自分の未来、国の未来を考え行動していきます。

○自分と向き合う事ができ、伝えていかなくてはならない大切なこと、感謝の気持ち、おもいやりの心、とても大切な事だとあらためて思いました。

○感謝の気持ち、おもいやりの心、生きている事のありがたさ、そんな気持ちにさせて頂いた2日間でした。

○今の自分をみつめなおす貴重な時間を過ごす事ができました。知覧にまた足を運びます。

○今ある「あたりまえ」の感謝、大切な人への感謝の気持ちを考えることができました。知覧は、私にとってとても大切な場所となりました。

○中身が濃くて、気づかされるところがたくさんある滞在でした。心の癒しにもなりました。

○皆様のあたたかい心にふれて、今、自分がすべき事、大切にするべき人を改めて考えることができました。

○お話しには、とても目頭があつくなりました。あたり前に今の世を生きていてはだめなんだなぁと感じました。先人の皆様に恥じないよう生きていきます。


以上のような皆様の「気づき」を掲載させて頂きました。まだまだ、沢山の方々の「気づき」を頂いています。次々と日を変えて、掲載させて頂きます。
 ありがとうございます

今日は、この返で・・・。
スポンサーサイト
Copyright © 女将の部屋(富屋旅館). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。