鹿児島県知覧町で富屋旅館を営んでいる女将の鳥初代と申します。 故 鳥トメから託された想ひを、旅館を守りながら伝え続けています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日を精一杯生きる!

 富屋旅館にてトメおばあちゃんのお話を聞いた。

 トメおばあちゃんがおっしゃていた、
 『私はあたり前の事を、あたり前にしているだけ』 との言葉に、
 はたして自分自身は、そうしているだろうかと自責の念で一杯になった。
 精一杯、今日を生きることが、
 我々の為に命を投げ出して下さった方々への責任である旨、痛感した。

スポンサーサイト
Copyright © 女将の部屋(富屋旅館). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。