鹿児島県知覧町で富屋旅館を営んでいる女将の鳥初代と申します。 故 鳥トメから託された想ひを、旅館を守りながら伝え続けています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回 知覧ねぷた祭開催について

moblog_68500682.jpg

今年も7月20日(土)知覧ねぷた祭りが開催されます。幻想的に尚かつ、勇壮に彩られ知覧の夏の一夜に、皆様も是非お見え御覧下さいませ。
 
又、友好親善盟約を結ぶ本場青森平川市から゛平川怒涛囃子組男気会゛友情出演下さいます。
ヤ~ヤ!~ドォ!~
のかけ声と共に、楽しくご参加下さいませ。
 
◎開催日:7月20日(土)【雨天の場合21日(日)に順延】
 
◎会場:知覧まち商店街
 
◎主催:知覧ねぷた祭り実行委員会・南九州市商工会知覧支所知覧まち支部
&n
bsp;
○祇園祭:14:00~16:30
 
○ねぷた運行:19:00~21:00
 
○豊玉姫神社水からくり特別上演:13:00~21:00
 
◎お問い合わせ:0993ー83ー2511(南九州市役所商工観光課)
 
◎鹿児島中央駅西口からシャトルバスも1
3:00発と17:00発の二便運行されます。
お問い合わせ:南薩観光(株)0993ー83ー2275


皮膚再生する美~心の美しさ~

先日、装う美でなく再生していく美の考えのもと皮膚再生を日常の中に取り入れ活用お手伝いされてる方々が、
見た目だけでなく内面からの美しさも追求したいと知覧へ特攻隊員さん達の「崇高な魂」「気高き心~後世の幸福を願う心~」「トメさんの生き方」等学びに見えて下さいました。そして、持運塾の講師でもあります先生が、お一人お一人様の現状に向き合いお応え下さいました。
集われた皆様へ感謝の気持ちで一杯です。
ありがとうございましたm(_ _)m感謝申し上げます。
皆様の今後のご活躍とご繁栄を心からお祈り申し上げますm(_ _)m

待望の「持運塾」が開催されました

私のかねてからの念願でした「持運塾」を意法先生を講師にお招きし、富屋旅館にて昨日5月11日開催することができました。

「種と畑」「五行と相性」について受講下さいました方々と共に私も学ぶことができましたこと深く感謝申し上げます。

自分がどんな種で生まれているのか~意味と性質を知る~において
実際に「五行」と「気学」を使い、自分を自分で分析しながら相性や互いの関わり合い相剋などについて学ぶあっという間の二時間半でした。

懇親会では、意法先生の面白体験談や不思議体験談から始まり、参加者皆様の自己紹介や感想等、聞けて開催出来たこと本当に感謝です。ありがとうございます。

是非、皆様も「持運塾」に参加され自分の種を知り、未来を推測することに、お役立て頂けたなら開催する者として望外の喜びです。ありがとうございました。感謝感謝です。

桜花‥‥

本日ゴールデンウィークも最終日となり、知覧の町も穏やかで静かな日常に戻りました。

北海道では、本日、桜の開花宣言だとニュースで聞きました。
そういえば、5月3日の知覧特攻隊戦没者慰霊祭の日、受付会場の前にて知覧では終わったはずの一輪の八重桜を見つけました。今は知覧ではすっかり葉桜の時であるにも関わらずです。

68年前、特攻隊員さん達の出撃のお見送りを桜花の小枝を打ち振り、永遠の別れをしたという。
又、隊員さん達も飛行機に桜花の小枝を積み込んで征かれたという。

隊員さんが詠まれた美しい詩を思いだしました。

風に散る 花の我身 いとわねど 心にしみる 日の本の国


第59回 知覧特攻基地戦没者慰霊祭


昨日、5月3日は知覧特攻基地戦没者慰霊祭が午後一時より知覧特攻平和観音堂前にて挙行されました。

慰霊飛行から始まり
全国からご遺族の方々をはじめ、少飛会、蒼窮会、特操会、楷行会、航空機乗員養成所、雄飛会、なでしこ隊、各特攻隊関係者 、市県議会議員さん、関係地市長さん、寄贈者各種関係者、地元の方々が集まりました。

ご遺族代表の方が、のべられました慰霊のことばに、涙が自然と次々に溢れました。
ご家族お一人お一人に宛てた出撃前の実際のお手紙を読み上げられました。

飛び立つ自分の身よりも残す御家族への感謝の気持ちと親不孝と詫びる心とご家族のことを心配する気持ちいっぱいに綴られたお手紙に、本当に素晴らしい立派な崇高な魂の方々が出撃されて征ったのだということを更に実感致しました。

決して、隊員さん達のことを忘れてはならない。後の世までずっと語り継いでいく世の中であって欲しいと思います。

戦後68年たち、集う方々もご高齢となり今後の慰霊祭がどのような形にて継承していくのかしら‥‥?とも心配になりました。
どうか皆さん、毎年5月3日に、慰霊祭が挙行されますので是非集い下さい。

来年は第60回目の戦没者慰霊祭という節目の時でもあります。是非、御参列下さい。

今年は、高校一年生の男子学生さんが、父親から「日本人なら一度は、知覧へ行きなさい」と言われたそうで、1人で大阪からお見えなり慰霊祭に参列下さいました。

Copyright © 女将の部屋(富屋旅館). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。